Category: 論説・主張

0

中国の金融市場改革開放の焦点は?~中国人民大学元副学長・中国資本市場研究院院長の呉暁秋氏

中国が改革開放政策に舵を切って45年。中国経済の成長は金融支援と切っても切れない関係にある。金融業界も「自己革命」の道を辿り、市場経済化、グローバル化の過程で、非流通株や金利、為替レートなど多くの改革を実施してきた。金融市場の改革における難しさは何か?中国の特色をどう取り入れるか?グローバルな影響力を高めるための次のステップは?中国人民大学元副学長で中国資本市場研究院院長の呉暁秋氏は、中国新聞社のインタビューで、金融モデルの選択にあたって改革の過程で議論が別れ続けている点、また、中国の金融市場での国際的影響力向上には人民元の自由化・国際化の推進が必要な点等について語った。

0

現代中国まで引き継がれる支配体制、その原点は秦王政の「キングダム」にあった――『世界史のリテラシー 「中国」は、いかにして統一されたか ~始皇帝の六国平定』で、世界がクリアに見えてくる。

世界の今を解くカギは、すべて歴史の中にある――誰もが一度は耳にしたことがある「歴史的事件」と、誰もが疑問を抱く一つの「問い」を軸に、現在と未来を見通すシリーズ「世界史のリテラシー」の最新刊。

0

神の領域に踏み込んだ賀建奎(その2)

報道によると、賀建奎は湖南省最大の国家級貧困県である婁底市新化県の出身。両親は農業を営んでおり、幼少期は家が貧しかった。中学校を卒業すると、高校は1898年創立の、新化県で一番レベルの高い新化一中に進んだ。今日、生物分野で話題を独占している賀建奎だが、大学時代は中国科学技術大学で近代物理学を専攻していた。2006年に同大を卒業するが、「年齢とともに将来の方向性や稼いで食べていくということについて考えざるを得なかった。そんなとき、ふと物理学の黄金時代は過ぎ去り、これからは生物学が大きな可能性を秘めていることに気づいた」という。

0

神の領域に踏み込んだ賀建奎(その1)

 世界初のHIV耐性を持つ遺伝子編集ベビーが中国で誕生したニュースは世界に衝撃を与えた。2018年11月28日、香港で開かれた第2回ヒトゲノム編集に関する国際会議において南方科技大学の賀建奎准教授はゲノム編集した卵子から双子の女児が産まれたことを報告した。

0

ゲノム編集 「悪魔のハサミ」への憂慮(その2)

体細胞であれ受精卵であれ、ゲノム編集は人体に対する実験であるため、人体実験に関する一連の原則と規定を遵守しなければならない。国際社会では、世界医師会の「ヘルシンキ宣言」、国際医学団体協議会(CIOMS)の「人を対象とする生物医学研究の国際的倫理指針」など、早くから厳密な規約も制定されている。

0

ゲノム編集 「悪魔のハサミ」への憂慮(その1)

体細胞へのゲノム編集よりもリスクの高いヒト受精卵へのゲノム編集に対しては厳格な倫理およびガバナンス規定が設けられている。遺伝子の「ハサミ」CRISPR-Cas9の不確定性が指摘される中、
倫理上の問題や社会的な影響など議論が噴出している。

※本記事は2019年4月号の月刊中国ニュースより転載

0

「用心之外、必見神奇」心がけが奇跡を起こす 日中ナレッジセンター(株)代表取締役 李年古(りねんこ)

 「年会」というのは会社の「親睦会」で、日本の忘年会と新年会をミックスしたようなイベントだ。中国の企業は、1年の締めくくりとして豪華さを競い合って開催する。狙いは、会社と社員の一体感を強め、新年に向けて士気を高めることにある。一方、社員たちは、忘年会の規模と経営者の挨拶を通して会社の景気や社長のやる気を占う、絶好のチャンスと捉えている。

0

【西北大学シルクロード考古学センター 王建新主任インタビュー】シルクロード研究に 必要な東洋の視点

西北大学はシルクロード考古学に長年の蓄積がある。十数年にわたり中央アジア諸国と共同で考古学研究と遺跡の修復をおこなってきた。長期的な努力によって古代の月氏と康居の文化遺跡を確認し、中央アジア考古学研究における重要な飛躍となった。中国の側からのシルクロードの歴史解釈は実証的資料と科学的根拠を提供し、シルクロードの様子を復元するのに役立っている。西北大学シルクロード考古学センターの王建新(ワン・ジエンシン)主任に話を聞いた。

0

中国女性への権限付与とは

中国初の女性宇宙飛行士・劉洋(リウ・ヤン)は神舟14号に搭乗し、半年間の宇宙滞在を経て地球に帰還した。高暁力(ガオ・シアオリー)は国連上訴裁判所初の中国籍裁判官に選出された。中国女子サッカーチーム初の女性監督・水慶霞(シュイ・チンシア)は 第20回女子アジアカップでチームを優勝に導き、16年ぶりの頂点に輝いた。

0

一帯一路の「債務の罠」理論が成り立たない理由(2)~中国国際経済交流センター張燕生氏

2023年は「一帯一路」構想が打ち出されて10年目の節目に当たる。過去10年、「一帯一路」構想は共同参画国・地域の発展に寄与した一方、中国がいわゆる「債務の罠」を作り出したとの見方もある。事実はどうなのか?これについて中国国際経済交流センターの張燕生主任研究員は中国新聞社のインタビューに応じ、長年にわたり、中国は世界の経済成長促進に重要な役割を果たしてきたと同時に、発展途上国の「貧困の罠」からの脱却を支援するパートナーだったと指摘している。