カテゴリー: 論説・主張

変化する世界情勢下、香港の国際金融センターの競争力をどう維持?-香港金融管理局初代総裁の任志剛氏 0

変化する世界情勢下、香港の国際金融センターの競争力をどう維持?-香港金融管理局初代総裁の任志剛氏

「一国二制度」の下、香港は中国本土と密接につながっているだけでなく、世界と広くつながっている。世界で最も自由な経済都市と呼ばれる香港は、長年にわたり本土と海外の資金融通の重要な橋渡し役を演じてきた。また安定した金融システムや法体系といった独自の優位性により、世界トップの国際金融センターに成長した。

0

中外対話|米国はなぜ「小さい勢力圏」をつくることに熱心なのか

世界中の何十億人という人の生活を向上させてきたグローバル化は、本当に終焉を迎えるのか。世界情勢に影響を与える中米関係の今後の見通しとは。中新社の「東西問 中外対話」では、米国ワシントンのシンクタンクのグローバル安全保障分析研究所共同所長であり米国エネルギー安全保障評議会上級顧問であるガル・ルフト(Dr. Gal Luft)氏を招き、中国人民大学国際関係学院副院長兼教授の翟東昇氏、中国国務院発展研究センター世界発展研究所元副所長で研究員の丁一凡氏と座談会を行った。

0

30年前の「九二共識」はどのように成立したのか

「正直なところ、当時私たちには、欧米のような「世論戦」に対処した経験がまだなく、正確さだけを考えて書きました。当時、私自身は少なくとも、どんな風に印象的に書こうかなんて考えませんでした」と海峡両岸関係協会副会長で中国国務院台湾事務弁公室元副主任の孫亜夫氏が述べた。

0

東西問|短評 中日国交正常化から50周年 中日関係の「安定した長期的発展」とは

2022年は中日国交正常化50周年にあたる。中日関係の発展における重要な節目であり、歴史の新たな出発点である。 昨年10月、習近平国家主席は日本の岸田文雄首相と電話会談した際、中日は「仁に親しみ隣に善くするは、国の宝なり」と強調した。 これは中国の伝統的な統治哲学であるだけでなく、中日関係の発展に対する中国側の姿勢を明確に反映している。

0

中国式近代化はどのようにして新しい道を開くか 鄢一竜清華大教授論文

中国共産党第20回全国代表大会の報告は中国の今後5年間に決定的な影響を与え、中国の今後30年間の発展に深遠な影響を与え、世界に重要な影響を与える歴史的な里程標となる報告だ。報告における最も核心的な内容の一つが、社会主義近代化の全面的建設のための壮大な青写真を系統的に設計したことであり、これは中国が社会主義近代化の全面的建設の新たな段階に入ったことを示している。

0

「中国の経験」を「理論」に昇華する 中国社会科学院金融研究所長に聞く

北京12日発中国新聞社電は「『シュンペーターの問い』に答える いかにして『中国の経験』を『中国の理論』に昇華するか――中国社会科学院金融研究所張暁晶所長独占インタビュー」と題する次のような記事を配信した。

0

陳興華 悠久の歴史を持つ霊渠が古代海上シルクロードへの架け橋となった理由

内陸部に位置する悠久の歴史を持つ霊渠は、いかにして古代海上シルクロードへの架け橋となったのか。「世界の水運史の驚異」「世界の古代水利建造物の珠玉」と称される運河独自の価値とは何か。「驚異」とは何か。世界の水上交通発展史における意義は何か。広西チワン族自治区桂林市興安県博物館元副館長の陳興華氏が、先ごろ中新社の「東西問」の独占インタビューに応じ、これらの疑問に答えてくれた。

0

許言 カンボジア・アンコール遺跡における中国の専門家の保存修復活動について

中国の文化財保護の専門家たちが、中国とカンボジアとの文明の交流に関するアンコールの物語を紡いでおり、中国文化遺産研究院の許言副院長もその一人である。先ごろ、許言副院長は「東西問」の独占インタビューに応じ、海外における遺跡の修復について語ってくれた。