作成者: aptpress

五星出東方利中国 0

新疆で出現した最古の『中国』という二文字はどのような文化的アイデンティティーを内包しているのか

1995年、新疆ウイグル自治区ホータン地区ニヤ県のニヤ遺跡から漢代〈紀元前206年~紀元後220年〉の錦織りの護臂〈肘当て〉が出土した。これは表面に「五星出東方利中国」という8文字の篆書体の漢字が織り込まれており、これまでに新疆で出土したものとしては最古の「中国」という文字である。

円山飯店 0

東西問|朱振藩 台湾料理における中華の「遺伝子」はいかに形成されたのか

台湾の人口は2,300万人を超え、その8割以上が福建省と広東省出身の子孫である。人々の食生活は福建省や広東省に似ている。1949年以降、全国各地の人々が故郷の料理を台湾に持ち込んだ。さまざまな時代を背景に、各地の料理が台湾で発展、融合、革新し、有名な台湾料理が誕生した。

0

広東香港マカオ大湾区、人材誘致育成の協力体制を如何に構築するか?

粤港澳大湾区(広東・香港・マカオ大湾区、以下大湾区)の発展を推進することは新時代の国家戦略において重要な目標の一つである。「人材は第一の資源」で、人材誘致・育成の協力体制の確立は、大湾区のガバナンス体制の最適化、ガバナンス効果の向上、さらに大湾区全体の競争力の向上に重要な意義を持つ。

東西問|周剣 アジアが紡いだスポーツの物語とは〜北京冬季五輪からワールドカップ・カタール大会 0

東西問|周剣 アジアが紡いだスポーツの物語とは〜北京冬季五輪からワールドカップ・カタール大会

2022ワールドカップ・カタール大会の開幕を目前に迫っている。今年、アジアでまた世界的なスポーツ大会が開催される。スポーツは文明や国境を越えた人類の共通言語である。北京冬季オリンピックからワールドカップ・カタール大会まで、アジア諸国はどのように世界的なスポーツの物語を紡いだのか。ワールドカップ・カタール大会ではどのような中国的要素があるのか。大規模なスポーツイベントは、人類の文明の交流と相互理解をどのように促進することができるのか。中新社の「東西問」は、駐カタール中国大使の周剣氏に独占インタビューを行った。

0

世界的な存在感をみせる潮州料理――無形文化遺産・潮州料理の継承者 方樹光氏に聞く

潮の満ち引きあるところに潮州人あり、潮州人あるところに潮州料理あり。国内外問わず世界で人気を博する潮州料理は中国四大料理のひとつ広東料理の代表格であり、1000年の歴史を有する。その料理技術は国家無形文化遺産の代表リストにも掲げられるほどだ。潮州市は近年、潮州料理のセントラルキッチン産業を積極的に推進しており、その市場体系を確立させることで潮州料理の次なる発展を狙っている。潮州料理は中国国内外の飲食文化交流において今日までどのように受け継がれてきたのだろうか。無形文化遺産の潮州料理継承者である方樹光(ファン・シューグアン)氏がこのほど独自取材に応じ解説してくれた。