Category: 産業・経済

0

中国共産党政治局会議で住宅在庫消化の必要性を強調

中国共産党が4月30日に開催した中央委員会政治局会議では、不動産市場について、不動産在庫の消化を進める必要性が強調された。これを受け、杭州といった大都市でも住宅購入を全面的に撤廃する動きが出ている。ただ、住宅在庫の解消には課題が残っている。

0

ファーウェイの2023年決算は大幅増益~端末事業と自動車事業の業績改善が鮮明に

ファーウェイが3月29日に発表した2023年12月期決算では、大幅増益を達成したことが明らかになった。過去数年の米国からの制裁を跳ね除け端末事業の業績改善が鮮明となった格好。また不採算が続いている自動車事業(インテリジェントカー・ソリューション事業)の業績も上向いている。巨額の研究開発費で知られる同社の2023年の研究開発費は1647億元。同年の売上高の23%に相当する額で、過去10年の累計の研究開発費は1兆1100億元に達した。

「AGドリンクX」が、中国最大手のショートムービー/ECプラットフォーム『Douyin(抖音)』にて健康食品・サプリカテゴリーの業界ランキング1位を獲得 0

「AGドリンクX」が、中国最大手のショートムービー/ECプラットフォーム『Douyin(抖音)』にて健康食品・サプリカテゴリーの業界ランキング1位を獲得

株式会社アクシージア(本社:東京都新宿区、代表取締役:段 卓)は、2024年3月30日(土)・3月31日(日)の 二日間、ByteDance社が提供DAU 6 億を誇る中国最大手のショートムービー/ECプラットフォーム『Douyin(抖音)』にて、美容ドリンク「AGドリンクX」の発売一周年を記念したライブ販売を実施し、初日に GMV(※1)ベースで、越境に加え一般貿易も含む『Douyin』全プラットフォームにおける健康食品・サプリカテゴリの当日業界ランキング(※2) 1 位を獲得したことを報告いたします。

0

100年先、1000年先も、日本酒が日中友好の架け橋となるための礎を作ります!

美酒企画は、長い歴史を持つ日本酒業界が今後も繁栄していくためのお手伝いがしたいとの想いに突き動かされ、夫婦2人で中国向け日本酒専門メディアを立ち上げました。日本酒の美味しさや楽しさ、全国各地の酒蔵の魅力を中国の皆さんにダイレクトにお伝えし、日本酒ファンの獲得を目指します。

0

Alipay+日本における加盟店が200万店舗を突破

Alipay+との提携を受け、上記のEウォレットならびに銀行アプリは、2024年3月1日~19日の期間において日本における決済額が、昨年同期比と比較して200%以上増加しており、日本に滞在中のユーザーの総決済額のうち、約10%がこれらの提携Eウォレットによる決済によるものと推定されています。

0

迫り来る中国EC新興勢力 アリババと京東の変革待ったなし

イントラネットに同時期に書き込まれたある2件の文章は期せずして大手EC2社の焦燥感を浮き彫りにした。京東の一社員は自社のイントラに長文を掲載し、現在の販促システムはあまりに複雑なほか販促イベントにおける能動性が低く低価格戦略が徹底されていないと述べた。これは京東の苦境を十二分に物語るものだった。

0

新たなコーヒーブームが席捲 —— 中国ブランドの店舗数は世界最多に

 昨年12月13日、「World Coffee Portal」〔コーヒー産業に関する情報ポータルサイト〕が発表した最新の報告によると、中国はすでにアメリカを追い抜き、世界最大のブランドコーヒー店市場となった。同じ時期に、アメリカのブランドコーヒー店数の伸びは4万62店で、わずか4%の伸びにとどまっている。

銀座にオープンするQeelinが大切にする時代を超越した美意識を表現するストア 0

ケリング・グループ傘下 中国ファイン・ジュエラー〝Qeelin / キーリン〟日本初 フラッグシップストア〝Qeelin Treasure Box〟銀座 並木通りにオープン

ストアの建築および内装は、グローバルに活躍するデザイナーのスティーブ・リョン氏、印象的なライティングデザインはティノ・クワン氏が手がけました。東京というクリエイティブな都市からインスピレーションを受けて、Qeelinが大切にする時代を超越した美意識を表現するストアとなりました。 

0

中国の自動車市場「価格競争白熱化」の時代に突入~BYDは「ガソリン車より安いEV」を強調

中国では春節明け、自動車の値下げ競争が一段と激化している。今回の値下げの先陣を切ったのはBYD。「ガソリン車よりも安い電気自動車(EV)」と銘打ち、EVの値下げ攻勢を強めた。これに対し、合弁を中心とした従来型自動車メーカーもガソリン車の価格を引き下げ。2023年が自動車業界の「価格競争元年」だとすれば、2024年は「価格競争白熱期」に突入するとの見方も出ている。