Author: sugi

0

春節に向けた「中華圏に人気のインバウンド観光スポットランキング」を発表

国内最大級のインバウンド総合メディア「訪日ラボ」及び 口コミサイトを”もっと”売上に変える店舗支援SaaS「口コミコム」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区、以下mov)は、全国の観光スポットに寄せられた最新の口コミデータから、独自の『中華圏に人気の観光スポットランキング』を発表しました。

0

【無料WEBセミナー】マーケティング施策に使えるSNSのトレンドがわかる!「中国6大SNS解説セミナー」を2月22日(木)に開催

 企業のマーケティングDXを支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:中村壮秀、証券コード:6081)で中国・香港・台湾向けインバウンド・越境ECプロモーション事業を展開するクロスボーダーカンパニー(プレジデント:番匠達也)は、日本企業の中華圏向けマーケティング施策において活用される、中国発の主要SNSに関する最新トレンドや効果的なマーケティング活用法を紹介する「中国6大SNS解説セミナー」を2月22日(木)に開催いたします。

0

現代中国まで引き継がれる支配体制、その原点は秦王政の「キングダム」にあった――『世界史のリテラシー 「中国」は、いかにして統一されたか ~始皇帝の六国平定』で、世界がクリアに見えてくる。

世界の今を解くカギは、すべて歴史の中にある――誰もが一度は耳にしたことがある「歴史的事件」と、誰もが疑問を抱く一つの「問い」を軸に、現在と未来を見通すシリーズ「世界史のリテラシー」の最新刊。

0

神の領域に踏み込んだ賀建奎(その2)

報道によると、賀建奎は湖南省最大の国家級貧困県である婁底市新化県の出身。両親は農業を営んでおり、幼少期は家が貧しかった。中学校を卒業すると、高校は1898年創立の、新化県で一番レベルの高い新化一中に進んだ。今日、生物分野で話題を独占している賀建奎だが、大学時代は中国科学技術大学で近代物理学を専攻していた。2006年に同大を卒業するが、「年齢とともに将来の方向性や稼いで食べていくということについて考えざるを得なかった。そんなとき、ふと物理学の黄金時代は過ぎ去り、これからは生物学が大きな可能性を秘めていることに気づいた」という。

0

神の領域に踏み込んだ賀建奎(その1)

 世界初のHIV耐性を持つ遺伝子編集ベビーが中国で誕生したニュースは世界に衝撃を与えた。2018年11月28日、香港で開かれた第2回ヒトゲノム編集に関する国際会議において南方科技大学の賀建奎准教授はゲノム編集した卵子から双子の女児が産まれたことを報告した。

0

ゲノム編集 「悪魔のハサミ」への憂慮(その2)

体細胞であれ受精卵であれ、ゲノム編集は人体に対する実験であるため、人体実験に関する一連の原則と規定を遵守しなければならない。国際社会では、世界医師会の「ヘルシンキ宣言」、国際医学団体協議会(CIOMS)の「人を対象とする生物医学研究の国際的倫理指針」など、早くから厳密な規約も制定されている。

0

ゲノム編集 「悪魔のハサミ」への憂慮(その1)

体細胞へのゲノム編集よりもリスクの高いヒト受精卵へのゲノム編集に対しては厳格な倫理およびガバナンス規定が設けられている。遺伝子の「ハサミ」CRISPR-Cas9の不確定性が指摘される中、
倫理上の問題や社会的な影響など議論が噴出している。

※本記事は2019年4月号の月刊中国ニュースより転載

0

【フォロワー×2円台】中国インフルエンサー!期間限定超特価キャンペーン(3月まで)

SNS・インフルエンサーマーケティングを支援する株式会社on the bakery(本社:神奈川県横浜市 代表取締役:井戸 裕哉)は、『【フォロワー×2円台】中国インフルエンサーキャスティング超特価キャンペーン』を実施いたします。

0

「土から生まれるいのち -彫刻家セツ・スズキと中国玉石作品展」日中友好会館美術館(東京都文京区)にて2024.3.5(火)~3.24(日)

日中友好会館は、文化・芸術交流をはじめ、青少年交流、留学生寮や語学学校の運営などの事業を展開する日中両国の民間交流の拠点です。文化活動の一環として1988年に開館した日中友好会館美術館は、中国の伝統工芸や書画、現代アートなどオリジナリティのある企画展を定期的に開催しています。

0

春節直前!去年の訪日外国人消費額1位「台湾人」にアンケート 日本での買い物予算 約5割が「10万円以上」

台湾人・香港人向けの訪日観光情報サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」を運営する株式会社ジーリーメディアグループ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:吉田皓一)は、観光庁が発表した2023年の訪日外国人旅行消費額で、台湾が1位となったことを受けてアンケートを実施しました。