Category: 文化・科学

レイモンド・ラム、赤西仁ら出演の中国ドラマ 0

レイモンド・ラム、赤西仁ら出演の中国ドラマを日本初放送!「凌雲志~愛と正義に生きた英雄~」3月18日(月)よりスタート!CS衛星劇場

西遊記』をベースとした、新感覚の天界の戦いを描いたファンタジー。個性的なキャラクターが次々と登場し、神仙(神や仙人)と妖怪のバトルや妖怪への過酷な差別、その中で育まれていく友情や愛が描かれています。主人公の猿の妖怪・磐石を演じるのは、香港の歌手で俳優のレイモンド・ラム。そして、磐石の危機を救う最強の武神・楊岩を赤西仁が演じています。

0

多元映画上映会 Vol.27『舌の上の中国 Season1 』第3話・第4話 ー 中国伝統記念日「元宵節」皆で一緒に伝統食品「元宵」を食べながら『舌の上の中国』を見ましょう!

2024年2月24日は中国のお正月「春節」の最終日である元宵節です。元宵節では街中で赤い提灯を提げ、家族と一緒に「元宵」という団子を食べるのが習わしです。今年の元宵節は日本人・中国人の皆さんと一緒に元宵を食べながら、中国で一番有名な食のドキュメンタリー番組『舌の上の中国』を見ませんか?

東京タワーレットライトアップ 0

辰年の春節に、東京タワーに「祝福龍年」の4文字が点灯!〜東京タワー レッドライトアップ 2024〜

民間団体・企業の複合体である中国旧暦新年東京タワーレッドライトアップ実行委員会は、日中友好関係の促進を目指し、中国における旧暦の大晦日にあたる2024年2月9日(金)に、「春節東京タワーレッドライトアップ2024」を実施しました。中国旧暦新年の東京タワーライトアップは2023年に続き6回目の実施となり、東京タワーのインフィニティ・ダイヤモンドヴェールを使用し、通常時とは異なる赤色に点灯する限定のライトアップイベントです。

0

現代中国まで引き継がれる支配体制、その原点は秦王政の「キングダム」にあった――『世界史のリテラシー 「中国」は、いかにして統一されたか ~始皇帝の六国平定』で、世界がクリアに見えてくる。

世界の今を解くカギは、すべて歴史の中にある――誰もが一度は耳にしたことがある「歴史的事件」と、誰もが疑問を抱く一つの「問い」を軸に、現在と未来を見通すシリーズ「世界史のリテラシー」の最新刊。

0

神の領域に踏み込んだ賀建奎(その2)

報道によると、賀建奎は湖南省最大の国家級貧困県である婁底市新化県の出身。両親は農業を営んでおり、幼少期は家が貧しかった。中学校を卒業すると、高校は1898年創立の、新化県で一番レベルの高い新化一中に進んだ。今日、生物分野で話題を独占している賀建奎だが、大学時代は中国科学技術大学で近代物理学を専攻していた。2006年に同大を卒業するが、「年齢とともに将来の方向性や稼いで食べていくということについて考えざるを得なかった。そんなとき、ふと物理学の黄金時代は過ぎ去り、これからは生物学が大きな可能性を秘めていることに気づいた」という。

0

神の領域に踏み込んだ賀建奎(その1)

 世界初のHIV耐性を持つ遺伝子編集ベビーが中国で誕生したニュースは世界に衝撃を与えた。2018年11月28日、香港で開かれた第2回ヒトゲノム編集に関する国際会議において南方科技大学の賀建奎准教授はゲノム編集した卵子から双子の女児が産まれたことを報告した。

0

ゲノム編集 「悪魔のハサミ」への憂慮(その2)

体細胞であれ受精卵であれ、ゲノム編集は人体に対する実験であるため、人体実験に関する一連の原則と規定を遵守しなければならない。国際社会では、世界医師会の「ヘルシンキ宣言」、国際医学団体協議会(CIOMS)の「人を対象とする生物医学研究の国際的倫理指針」など、早くから厳密な規約も制定されている。

0

「土から生まれるいのち -彫刻家セツ・スズキと中国玉石作品展」日中友好会館美術館(東京都文京区)にて2024.3.5(火)~3.24(日)

日中友好会館は、文化・芸術交流をはじめ、青少年交流、留学生寮や語学学校の運営などの事業を展開する日中両国の民間交流の拠点です。文化活動の一環として1988年に開館した日中友好会館美術館は、中国の伝統工芸や書画、現代アートなどオリジナリティのある企画展を定期的に開催しています。

0

春節直前!去年の訪日外国人消費額1位「台湾人」にアンケート 日本での買い物予算 約5割が「10万円以上」

台湾人・香港人向けの訪日観光情報サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」を運営する株式会社ジーリーメディアグループ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:吉田皓一)は、観光庁が発表した2023年の訪日外国人旅行消費額で、台湾が1位となったことを受けてアンケートを実施しました。

0

雲南キンシコウ保護の道(その1)

雲南キンシコウ〔金絲猴。ウンナンシシバナザル、ビエモンキーとも〕は最も絶滅の危機に瀕している種の1つで、1年を通じて標高3000m以上の氷河・雪線付近の高山針葉樹林で生活している。雲南キンシコウの分布エリアは、1つの例外もなくかつて国家級貧困県だった。雲南キンシコウの保護は、実質的には人類がいかに自然と調和しながら共存していくかという究極のテーマなのだ。