カテゴリー: 日中民間交流

0

中国語コーチングのPaoChai(パオチャイ)、 3周年記念の感謝を込めてキャンペーンを実施

中国語コーチング(PaoChai)をオンライン完結で展開する株式会社Rungar(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役:冨江 恭直)は、2023年2月1日(水)~2月28日(火)に、PaoChaiオンライン中国語コーチングのサービス開始3周年を記念し、期間中に新規お申し込み頂いた方を対象に受講料が2万円オフとなる「3周年記念キャンペーン」を実施いたします。

五星出東方利中国 0

新疆で出現した最古の『中国』という二文字はどのような文化的アイデンティティーを内包しているのか

1995年、新疆ウイグル自治区ホータン地区ニヤ県のニヤ遺跡から漢代〈紀元前206年~紀元後220年〉の錦織りの護臂〈肘当て〉が出土した。これは表面に「五星出東方利中国」という8文字の篆書体の漢字が織り込まれており、これまでに新疆で出土したものとしては最古の「中国」という文字である。

東京タワー 0

東京タワーが春節を記念し一夜限りの特別なライトアップ!日中平和・友情のシンボルジャイアントパンダ「シャンシャン」帰国に寄せて268灯のLEDライトではなむけ

民間団体・企業の複合体である中国旧暦新年東京タワーレッドライトアップ実行委員会は、日中友好関係の促進を目指し、旧暦の大晦日にあたる1月21日(土)に「東京タワー レッドライトアップ2023」を実施しました。

円山飯店 0

東西問|朱振藩 台湾料理における中華の「遺伝子」はいかに形成されたのか

台湾の人口は2,300万人を超え、その8割以上が福建省と広東省出身の子孫である。人々の食生活は福建省や広東省に似ている。1949年以降、全国各地の人々が故郷の料理を台湾に持ち込んだ。さまざまな時代を背景に、各地の料理が台湾で発展、融合、革新し、有名な台湾料理が誕生した。

0

「この漢字読めますか?」ビャンビャン麺風スナック花椒香る痺れうま辛味1月10日(火)新発売

ミニストップは、「なんて読むの?」「麺が太い!!」「シビからではまる」といった理由から人気がじわじわときている、ビャンビャン麺をスナックにした、「ビャンビャン麺風スナック花椒香る痺れうま辛味」(税込価格:138.2円※を、2023年1月10日(火)より国内のミニストップ店舗にて発売します。

0

中国の力強いことばから、勇気と知恵が得られる一冊。『悠久の教えをひもとく中国のことばと絶景100』が新登場!

激動の歴史を経て語り継がれる、中国の偉人たちが残した名言集。困難に打ち勝ちたいとき、人生を見つめなおしたいとき、強いマインドセットをくれることばが満載。中国を長年取材してきた編集部厳選の絶景も必見。