中国の文化を伝える「金と石の擦り」

——中国山東省無棣県の「金と石の擦れ」

石こすりは中国の伝統技術であり、古代中国独自の文学であり、

中華民族の貴重な文化遺産です。

凹凸のある石板や器に和紙を軽く広げ、石板の文字や線が浮き出るようにゆっくりと浸し、墨をこすったり、辰砂で凸に軽く触れたりします。石碑の線がライスペーパーに完全に印刷されているので、これは擦れています!

長年にわたり,山東省無棣県からの4代目の継承者である孙艳は「金と石のこすり」の研究、収集、保護、生産に専念しまし。無棣県の歴史と文化を伝える貴重な文書が数多く印刷されています。特に、碣石宮で作られた碣石遺跡の碑文は、中国の文学と歴史の巨匠である安作章氏と、地元の文学と歴史の巨匠である于长銮氏によって高く評価されています。「碣石山は無棣県にある」の別の鉄の証拠を提供します!

金と石の摩擦の技術と経験のほとんどは、実際の作業で口頭で教えられ、

統一されたカリキュラムはありません。

これは、中国の生産者の巧みな伝達スキル、深い洞察力、芸術的成果、および鑑賞能力を反映しています。

承载中国文化的“金石拓片”

—-中国山东省无棣县的《金石拓片制作技艺》

金石拓片是中国的一门传统技艺,是中国古代特有的一种文献形式,是中华民族的宝贵文化遗产。

一张宣纸,轻敷于凹凸有致的器物上,浸湿打实,使器物上的字形和纹路凸显出来,以拓包蘸墨或朱砂轻点凸痕,使之完美浮现于纸本之上。这就是传拓!

多年以来,来自山东省无棣县的第四代传承人孙艳一直致力于金石传拓的研究,收藏,保护与制作。先后拓制了许多无棣历史文化的文献珍贵资料。特别是在碣石宫拓制的碣石残碑拓片得到了中国文史泰斗安作章先生和当地文史大家于长銮先生的高度评价!为“碣石山在无棣”又提供了一份铁证!

金石拓片的技术和经验大多都是在实际工作中口传心授的,并没有统一的课程,反映了中国制作者娴熟的传拓技术,深厚的洞察力、艺术修养和鉴赏能力。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。