『向日性植物』(光文社)刊行記念オンライントークイベント 著者・李屏瑤氏×対談者・倉本さおり氏開催決定

台湾文化センター×紀伊國屋書店 共同企画

 台北の女子高に入学した「私」は、先輩の小游に心を奪われる。戸惑いながらも、淡い関係に踏み込んだ「私」だが、先輩の元恋人の存在を知り・・・・・・。惹かれ合う少女たちの、苦悩と成長の日々を瑞々しく描いた青春物語。台湾で異例のベストセラー! 芥川賞作家・李琴峰の薫り高い翻訳で贈る、新時代のレズビアン小説。
刊行を記念して、著者・李屏瑤氏を迎えたオンラインイベントを開催します。
書評家の倉本さおり氏より、本作の背景、試み、台湾での反響、及び台湾LGBT/レズビアン文学の現状について話を伺います。

【日時】2022年9月2日(金)19:00~20:30
※李屏瑤氏は台湾からのオンライン登壇です。

【会場】Zoom(オンライン)
※ご案内メールを当日までにメールでご連絡します。
メール配信日:8月29日・9月2日の2回

【参加方法】
本イベントは無料イベントです。どなたでもお申込みいただけます。
2022年8月1日(月)~当日開演時間のあいだ、下記より参加お申し込みを承ります。
▶視聴チケット(無料)は https://peatix.com/event/3300177/view

【プロフィール】

李屏瑤(り・ヘいよう/リー・ピンヤオ)
1984年、台湾生まれ。小説家、劇作家、ライター。台湾大学中国文学科卒業。台北藝術大學戯曲藝術創作研究科修了。2016年に『向日性植物』で作家デビュー。本作は台湾で9刷となるべストセラーに。その他の代表作に劇作《無眠》(仮訳:眠れない夜)、エッセイ集《台北家族、違章女生》(仮訳:台北家族・アウトロー女子)などがある。
倉本さおり(くらもと・さおり)
1979年生まれ。書評家。共同通信文芸時評「デザインする文学」、週刊新潮「ベストセラー街道をゆく!」連載中。小説トリッパー、ダ・ヴィンチにてブックレビューを担当中のほか、文芸誌、週刊誌、新聞各紙で書評やコラムを中心に執筆。『文學界』新人小説月評(2018)、毎日新聞文芸時評「私のおすすめ」(2019)、文藝「はばたけ! くらもと偏愛編集室」(2019~21)。
TBS「文化系トークラジオLife」サブパーソナリティ。共著に『世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今』(立東舎)。

【注意事項】
*本イベントはZoomによる配信イベントです。当日店頭にご来店されてもご観覧いただけませんのでご注意ください。
*事前にZoomのバージョンが最新にアップデートされているかご確認の上ご視聴ください。
*お申込の際は、当日アクセスするアカウントと同じアドレスをご使用ください。
*配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします。
*インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
*視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
*ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

【お問合せ】紀伊國屋書店新宿本店代表 03-3354-0131

向日性植物李屏瑶/光文社
★店舗購入者限定特典あり★ 書き下ろしミニ小説『百年百合』 購入レシートにダウンロード用のQRコードが表示されます。▶詳しくはhttps://store.kinokuniya.co.jp/event/1657592677/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。