Author: sugi

0

【2/28(水)開催 無料オンラインセミナー】自治体・DMOの方必見!放送局が仕掛ける中華圏インバウンド向け情報発信の最新事例紹介!

200万人を超えるフォロワーを有する訪日旅行・観光情報発信の中国SNSアカウント『朝聞(ジャオウェン)和風志』を運営している、朝日放送グループホールディングス株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:沖中 進、以下、朝日放送グループHD)、及び月刊誌「歴史人」を発売している、株式会社ABCアーク(本社:東京都港区、代表取締役:園部 充、以下、ABCアーク)は、2月28日(水)に無料オンラインセミナーを開催いたします。

0

「用心之外、必見神奇」心がけが奇跡を起こす 日中ナレッジセンター(株)代表取締役 李年古(りねんこ)

 「年会」というのは会社の「親睦会」で、日本の忘年会と新年会をミックスしたようなイベントだ。中国の企業は、1年の締めくくりとして豪華さを競い合って開催する。狙いは、会社と社員の一体感を強め、新年に向けて士気を高めることにある。一方、社員たちは、忘年会の規模と経営者の挨拶を通して会社の景気や社長のやる気を占う、絶好のチャンスと捉えている。

0

雲南キンシコウ保護の道(その3)

褚学仙は2017年から出稼ぎを始め、月に4000~5000元稼ぐようになった。利苴村では毎年、300人から400人ほどが外部に出稼ぎにいき、3分の2ほどの住民が村に残る。

0

雲南キンシコウ保護の道(その2)

雲南キンシコウは季節的垂直移動〔季節により同じ山の中で居住する場所を変える〕という特徴を示し、厳密な意味での樹上性動物ではない。サルオガセも彼らにとって唯一の食べ物ではない。2005年頃、中国科学院昆明動物研究所所属の著名な霊長類学者・趙其昆(ジャオ・チークン)氏は、雲南キンシコウがタケノコを食べることを発見した。

0

雲南キンシコウ保護の道(その1)

雲南キンシコウ〔金絲猴。ウンナンシシバナザル、ビエモンキーとも〕は最も絶滅の危機に瀕している種の1つで、1年を通じて標高3000m以上の氷河・雪線付近の高山針葉樹林で生活している。雲南キンシコウの分布エリアは、1つの例外もなくかつて国家級貧困県だった。雲南キンシコウの保護は、実質的には人類がいかに自然と調和しながら共存していくかという究極のテーマなのだ。

0

2022年ショートドラマ・ミステリー部門熱度ランキング年間1位に輝いた中国ドラマ『君夜(くんや)~花嫁未満と花婿候補~』の日本上陸が決定!予告映像も初公開!!

昨今日本でも話題に上がる中国のショートドラマ。その中でも人気を博した『君夜(くんや)~花嫁未満と花婿候補~』の日本でのDVDリリースとデジタル配信開始が決定した。

0

【西北大学シルクロード考古学センター 王建新主任インタビュー】シルクロード研究に 必要な東洋の視点

西北大学はシルクロード考古学に長年の蓄積がある。十数年にわたり中央アジア諸国と共同で考古学研究と遺跡の修復をおこなってきた。長期的な努力によって古代の月氏と康居の文化遺跡を確認し、中央アジア考古学研究における重要な飛躍となった。中国の側からのシルクロードの歴史解釈は実証的資料と科学的根拠を提供し、シルクロードの様子を復元するのに役立っている。西北大学シルクロード考古学センターの王建新(ワン・ジエンシン)主任に話を聞いた。

0

中国女性への権限付与とは

中国初の女性宇宙飛行士・劉洋(リウ・ヤン)は神舟14号に搭乗し、半年間の宇宙滞在を経て地球に帰還した。高暁力(ガオ・シアオリー)は国連上訴裁判所初の中国籍裁判官に選出された。中国女子サッカーチーム初の女性監督・水慶霞(シュイ・チンシア)は 第20回女子アジアカップでチームを優勝に導き、16年ぶりの頂点に輝いた。

0

新疆のバザール文化と伝統工芸品の魅力

中国最北西の都市である新疆ウイグル自治区。この広大な土地には豊かで多彩な文化の宝が育まれている。そのなかでも、バザール文化は新疆の独特な市場文化として伝統的な商業と社交の重要な役割を担っている。バザールとはウイグル語で市場を意味し、都市や村の中心エリアでよく見られ、商品の取引や交流の重要な場となっている

0

AIが翻訳の未来に与える影響とは

最近、人工知能(AI)関連技術が飛躍を遂げている。AI翻訳のアプリやソフトも増えてきた。グーグル翻訳など近年広まっているソフト以外にも、ChatGPTなどの新しいツールが翻訳に応用され、非常に正確で自然な訳文を生成するようになっている。AIは翻訳にどう影響するのか。このテーマについて、北京語言大学高級翻訳学院の劉和平(リウ・ホーピン)・名誉院長にパリで話をうかがった。